ごみの分別が昔より細かくなって困っています

昔は、燃えるごみ燃えないごみ位の区別だったものが最近はプラスチックだの缶ごみだの、しかも地域や地方によって変わっていますので、自分が今捨てようとしているごみは何ごみなんだと、考えることが増えてしまいました。

 
大きなごみでも分解して捨てなければならないものもありますし、これでいいだろと市のごみ袋に入れて出したものが張り紙をされ「これは今日ではありません」と書かれてしまうときがあります。

 
平日や昼間は仕事をしていますし、ごみについて調べている暇もないですし帰ってきて市のごみ回収から張り紙をされた自宅のごみをみてイラッとしてしてしまったり、これをまた自宅に持ち帰って分解したりしないといけないのかと途方にくれてしまうときがあります。

 
市の分別表も詳しく全部載っているわけでもありませんからせめて張り紙に「これは何曜日回収のものです」とか書いていてくれればいいものの、自分で調べたりしないとならないのは苦痛です。

 
どのごみが何のごみで何曜日や第何週に出せばいいのか、など考えるのも億劫で仕方ありません。

PR|不用品の買取業者をお探しなら|

カテゴリー: 分別 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です