遺品整理には時間がかかりました。

母は病気で亡くなりましたが、それまでは大きな一軒家で一人暮らしをしていました。
実家には母の荷物はもちろん、亡くなった父の遺品もそのままで、たくさんのものにあふれていました。
昔の重たく大きな家具類、着物、書籍類、来客用の大量の布団、食器、よく分からない記念品や写真類、はてはレシート類や新聞のチラシまで残したまま、母は旅立ってしまいました。

私も母が生きているときに、何度も荷物を片付けるようお願いしていましたが、私の言い方が悪かったのか、喧嘩になるばかりでした。
結局、残されたすべてのものを片付けるのに1年近くかかりました。業者に頼めば早かったのでしょうが、家の広さやものの多さなどから想像以上にお金がかかるため、大きい家具など以外は、自分でやることにしました。

古い写真などが出てくるたびに、捨てることに悩みました。母が生きていれば、思い出話なども聞きながら一緒に整理できたのではないかとも思いました。しかしその一方で、なんでこんなものを、と思うようなものもたくさんそのままになっていて、こうしたものの整理に肉体的にも精神的にもエネルギーを使いました。

遺品整理には思った以上に時間とお金がかかります。まだ親が生きているのに死後を考えることは辛いことだと思いますが、なんとか生きている間に、お互いが納得した形で整理できるのが一番だと思います。

カテゴリー: 遺品整理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です